中途(未経験)社員のインタビュー(N.K.)|株式会社アルス・ウェアー|採用特設サイト

N.K.

PROFILE

入社年月日
2006年1月
前職
ショーレストランの裏方
現職
SE
出身地
群馬県
出身校
高崎市立高崎経済大学附属高等学校
趣味
読書
好きな言葉
明けない夜はない、
問題は必ず解決する

 

 

 

 

WORK STYLE

9:50
出社
10:00
メールチェック
10:30
朝会
11:00
打ち合わせ
12:00
昼食
13:00
開発スケジュール作成
16:00
プログラムレビュー
17:00
打ち合わせ
18:00
進捗確認
19:00
翌日の朝会の準備
20:00
帰宅

 

 

 

 

責任の重さが、大きな達成感に

個人の意思を尊重する文化がある当社の中で、私が選んだ道はSEでした。
当社におけるSEは、チームリーダーとしての要素が強く、自分の判断一つでプロジェクト全体に大きな影響を与えるような責任の重い職種です。

システムは、単に要件どおりに動けばいいというわけではないんですね。先々で起こりうるトラブルや実際に使うユーザーの利便性まで考えた上で、設計していかなくてはいけません。
もちろんメンバーに対する技術的支援もSEとしての大切な仕事、勉強は常に必要です。
プロジェクトが進行する中で重要な判断が求められる場面も多いですが、だからこそプロジェクトが完了したときの達成感はいつも新鮮です。
自分たちが手がけたシステムをプライベートで使ったりすると誇らしい気持ちになりますね。

N.K.

リーダーに欠かせない仲間を信頼する心

私はもともとステージの音響担当というまったくの異業種から転職してきた身で、専門知識も何もない段階からのスタートでした。
入社当時は、創業からまだ間もない時期だったので、今のような体系だった研修はなく、とにかく先輩に聞きながらがむしゃらに仕事を覚えていったという感じでした。

ただ、代表の大友はいつも私にこんなことを言ってくれました。「責任はすべて自分が取るから、思い切りやれ」。
うちの代表はそういう人なんです。
だから、難しいプロジェクトにも余計なことは考えず、夢中でトライしてこられたのだと思います。
当社の文化である「仲間を信頼する心」、SEとしてメンバーを率いる上でも欠かせない要素だと思います。

N.K.

休日の過ごし方

N.K.

休日はもっぱら家内と過ごしています。
最近では、それぞれの目標のため、カフェで二人で黙々と勉強しています。
夫婦円満の秘訣は、強いて言うなら気が合うことでしょうか。
うちは同郷なので、自然とウマが合っているのかもしれませんね(笑)。