新卒社員のインタビュー(W.T.)|株式会社アルス・ウェアー|採用特設サイト

W.T.

PROFILE

入社年月日
2015年4月
前職
学生
現職
SE
出身地
東京都葛飾区
出身校
立教大学 経済学部
趣味
ギター、歌、ゴルフ
好きな言葉
継続は力なり

 

 

 

 

WORK STYLE

9:45
出社
9:50
メールチェック
10:00
ログの監視(運用、保守)
12:00
昼食
13:00
作業依頼の実施
15:00
テストケースの作成(コーディング)
17:00
内部定例
18:00
テストケース作成(コーディング)
19:00
勤怠記入、進捗報告
19:30
帰宅

 

 

 

 

温かさとメリハリのある職場

就職活動中、IT分野を中心にいくつかの企業を回りましたが、なかなか職場の本当の姿が見えてきませんでした。そんなとき出会ったのが、アルス・ウェアーです。
一次面接から大友代表と直接話せて、表裏のない人柄に好感を抱きました。面接が進むにつれて私も本音で話せるようになり、ここで働きたいという思いが強くなっていきました。

私は、固過ぎず、アットホーム過ぎない当社の雰囲気がとても好きです。
日中は仕事に集中し、就業時間が過ぎれば無駄な残業せずスッと退社する。よく「帰れない雰囲気」という言葉を耳にしますが、当社にはそんな雰囲気は一切なく、オン・オフがとにかくはっきりしています。
それでいて、とても温かいんですね。
一人で悩んでいると必ず誰かが気づいてくれて、声をかけてくれます。技術力と人としての魅力を兼ね備えた先輩が多い職場は、社会人経験の少ない若手社員にとって恵まれた環境だと思います。

W.T.

開発現場を想定した研修内容

文系出身の私を含め、システムのいろはも知らなかった私たち新入社員が、今こうして通常業務に就けているのは、実際の開発現場を想定した研修のおかげだと思っています。

たとえば「自動図書検索システム開発」。
これは新入社員が協力して一つのシステムを開発するもので、毎年テーマを変えて行われています。
私たちは納期ばかりに気を取られ、とにかくコードを書き進めることに必死でした。
すると後からさまざまなトラブルが発生してきます。そのほとんどが技術というより、曖昧なコミュニケーションから来るものでした。

自分の意思を明確にし、確実に相手に伝える。どんな仕事にも通じる大切なことを早い段階から痛感した経験は、現場に出た今、とても役に立っています。

W.T.

休日の過ごし方

W.T.

学生時代はゴルフサークルに所属していて、今も当時の仲間とコースに出ています。
ゴルフはスポーツとしての魅力はもちろん、コースに向かう車中の会話や温泉やグルメなど、楽しいことが盛りだくさんです。
仲間との絆は深まりますし、健康にもいいんですよ。
一緒にコースに出てくれる人、大募集です!