株式会社アルス・ウェアー
株式会社アルス・ウェアーは、お客様のご要望に応じたwebアプリケーション開発
システム開発から基幹業務のIT化カスタマイズをお手伝いいたします。
メインメニュー
HOME
ご挨拶
会社案内
事業内容
採用情報
用語集
求人応募
お問い合わせ
ご案内
住所
〒171−0022 
東京都豊島区南池袋2-29-12
メトロシティ南池袋ビル 7F
TEL:03-5950-9117 (代表)
FAX:03-5950-9118
アクセス
JR 池袋駅 
東京メトロ丸の内線池袋駅 
東京メトロ有楽町線池袋駅
徒歩7分
マップ
 
用語集
INDEX
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N
O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
Ajax
読み方 : エイジャックス / フルスペル : Asynchronous JavaScript + XML
Webブラウザに実装されているJavaScriptのHTTP通信機能を使って、Webページのリロードを伴わずにサーバとXML形式のデータのやり取りを行なって処理を進めていく対話型Webアプリケーションの実装形態。
従来、Webブラウザを使ったWebアプリケーションでは、データをサーバに通知して処理結果を得るにはページ全体をロードしなおさなければならず、ネイティブアプリケーションのような操作性を得ることは難しかった。Ajaxでは、指定したURLからXMLドキュメントを読み込む機能を使い、ユーザの操作や画面描画などと並行してサーバと非同期に通信を行なうことで、サーバの存在を感じさせないシームレスなWebアプリケーションを実現することができる。
ちなみに、JavaScriptのHTTP通信機能自体は同期通信にも非同期通信にも対応しており、受信するデータ形式もXMLとプレーンテキストの両方を選べるため、プレーンテキストを同期通信する従来型のWebアプリケーションをページ遷移を伴わずに実現するといった使い方もできる。
ページのトップに戻る
Apache
読み方 : アパッチ
NCSA httpd 1.3をベースに、1995年に開発が始まったWebサーバ。ApacheはUNIX系OSやWindowsで動作する。Apacheはフリーソフトウェアとして無償で公開され、世界中のボランティアのプログラマたちの手によって開発された。誰でも修正・再配布することができる。Apacheはもともと、NCSA httpdの細かいバグを修正したり新しい機能を追加するためのパッチ(patch)の寄せ集めとして開発されていたため、この名称がついた。現在のApacheは単独で動作するWebサーバとなっており、世界で最も使われているWebサーバとなっている。
ページのトップに戻る
ASP
読み方 : エーエスピー / フルスペル : Active Server Pages
動的にWebページを生成するWebサーバの拡張機能の一つ。
通常はWebブラウザに渡されてから処理されるJavaScriptやVBScriptなどで記述されたスクリプトをサーバ側で処理し、処理結果のみをブラウザに送信する。
Microsoft社のWebサーバであるIISで利用できる。ブラウザからデータを受け取ってファイルに記録したり、データベースと連携した動的なWebページを作成したりすることができる。
ページのトップに戻る
AutoCAD
読み方 : オートキャド
Autodesk社が開発/発売しており、分野を問わず広く使用されている汎用CADソフトです。2次元製図から3次元データを作成、及び編集することができ、CAD業界の標準ソフトとして圧倒的シェアを誇っています。
最新バージョンでは、ユーザーインターフェースの向上により、初心者にも操作しやすい環境を実現しているのも特徴です。作図に費やす時間の大半は、実は同一形状の図形の配列など、繰り返しの作業が多くなりますが、その効率を高めるための多彩な機能が各種搭載されています。1枚1枚の図面を正確に、しかもスピーティに作成できるAutoCADは、クリエイティブな設計作業においても、時間を有効に活用することができます。また、オープンなカスタマイズ(ソフトウェアの設定や設計を調整し、ユーザの好みに合わせて作り変えること)環境を持ち、業種に合わせた仕様で運用できることも強みです。
初心者の方が、これら多彩な機能を習得する際に、分厚いマニュアルを手に、戸惑わないように、リカレントでは段階的・体系的な学習方法を導入しています。
ページのトップに戻る
AutoLisp
読み方 : オートリスプ
ユーザカスタマイズ言語 です。
AutoCAD用に拡張されたLISP言語でプログラムを作ります。
実行はAutoCADが持っているLISPインタープリターで実行され、AutoCADオブジェクトを検索、操作することができます。またDCLを使って、ダイアログを使ったインターフェースを構築することができます。 AutoCAD 2000からはさらに拡張されて、ActiveXインターフェースを持ち、Visual LISPとなりました。
LISPではドキュメント毎のインターフェースとなります。ActiveXの部分を使えば自分以外の図面にアクセスできますが、実行はあくまでもプログラムがロードされた図面に対してです。自動的に読み込む設定であれば、図面毎に読み込まれ、図面が閉じられればLISPプログラムは破棄されます。
ページのトップに戻る
ColdFusion
読み方 : コールドフュージョン
ColdFusionは、Macromedia社が販売しているWebアプリケーションの開発・デプロイ用ソリューション。強力なデータベース連携や迅速かつ柔軟なアプリケーション開発を実現する事の出来るスクリプト言語で、ユーザー数やサイトの規模に関係なく柔軟なシステム開発が可能といわれている。
単体でアプリケーションサーバーとしても動作可能であるが、WebSphere Application ServerBEA WebLogic Serverといった他のJ2EEアプリケーションサーバー上でも動作するサーバーサイドのソリューションである。ColdFusionでは、HTMLによく似た独自のマークアップ言語「CFML(ColdFusion Markup Language)」によってWebアプリケーションを開発する。このCFMLのコードが、ColdFusionサーバーで処理され、HTMLへ統合されることでクライアントにより表現力豊かなリッチコンテンツを提供する仕組みになっている。
ページのトップに戻る
IIS
読み方 : アイアイエス / フルスペル : Internet Information Server
Microsoft社のインターネットサーバソフトウェア。WebサーバやFTPサーバ、SMTPサーバ、限定的なNNTPサービスなど、様々なサーバの機能を統合している。同社のOSであるWindows NT Server/Windows 2000に標準で付属する。バージョン4.0からはトランザクションサービスを提供するMTSも付属し、ASPやCOMを組み合わせて開発された高度なWebアプリケーションを動作させることができる。同社の次世代WebアプリケーションアーキテクチャのWindows DNAの中核となるサーバソフトウェアである。ちなみに、IISの正式名称はバージョン5.0(Windows 2000付属版)から「Internet Information Services」になった。
ページのトップに戻る
Java
読み方 : ジャバ
Sun Microsystems社が開発したプログラミング言語。
JavaはC言語に似た表記法を採用しているが、C言語など、既存の言語の欠点を踏まえて一から設計された言語であり、今までの言語にない完全なオブジェクト指向性を備えている。また、強力なセキュリティ機構や豊富なネットワーク関連の機能が標準で搭載されており、ネットワーク環境で利用されることを強く意識した仕様になっている。
Javaで開発されたソフトウェアは特定のOSやマイクロプロセッサに依存することなく、基本的にはどのようなプラットフォームでも動作する。Javaの汎用性の高さはJava最大の特長であり、「Write Once, Run Anywhere(一度コードを書けばどんな環境でも動作する)」というキャッチコピーで、その利便性が強く主張されている。
Javaで記述されたソースコードは、コンパイル時にJavaバイトコードと呼ばれる中間コードにいったん変換される。ソフトウェアはJavaバイトコードの状態で配布され、実行時にはJava仮想マシンと呼ばれるソフトウェアによって、実行するプラットフォームに対応した形式(ネイティブコード)に変換され、実行される。プラットフォーム間の違いはJava仮想マシンが吸収してしまうため、仮想マシン上で動作するJavaプログラムは、プラットフォームの違いを意識しなくてもよくなる。
一方、Javaの欠点として、プログラムをJavaバイトコードからネイティブコードに変換する際にある程度時間がかかるため、通常のプログラミング言語で開発されたソフトウェアよりも動作は遅くなってしまう。また、どのプラットフォームでも動作させるために、どのプラットフォームでも実現できる、いわば最大公約数的な機能しか使用できないため、プラットフォーム固有の強力な機能を利用することはできない。
このような欠点を補うため、特定のプラットフォームでしか動作しないがその分高速で、プラットフォーム固有の強力な機能を利用できるJava開発環境を提供しているメーカーもある。
ちなみに、1999年には機能を大幅に拡充したJava 2が発表され、 現在はJava 2をベースにした改良が行われている。
ページのトップに戻る
JavaScript
読み方 : ジャバスクリプト / 別名 : JS
Sun MicrosystemsNetscape Communications社が開発した、Webブラウザなどでの利用に適したスクリプト言語(簡易プログラミング言語)。 Sun社のJava言語に似た記法を用いることが名称の由来だが、 直接の互換性は無い。
従来は印刷物のような静的な表現しかできなかったWebページに、動きや対話性を付加することを目的に開発され、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されている。ブラウザ以外のソフトウェアにも簡易な制御プログラムの記述用言語として移植されており、Microsoft社のWindowsやWebサーバソフト「IIS」、Macromedia社の「Flash」などに、JavaScriptあるいは類似の言語の処理系が内蔵されている。
各社の実装に微妙な違いがあり、ブラウザによって使えない機能があったり同じプログラムでも挙動が異なったりする問題があったため、ヨーロッパの標準化団体ECMAがソフトウェアメーカーに呼びかけて、通称「ECMAScript」と呼ばれる標準を発行した。現在では、ECMAScript準拠の処理系をJavaScriptと呼び、独自の拡張を施したJavaScriptには独自の名称を付ける(Microsoft社は「JScript」、Macromedia社は「ActionScript」)習慣が定着しつつある。
ページのトップに戻る
JSP
読み方 : ジェーエスピー / フルスペル : JavaServer Pages
Java言語を利用してWebサーバで動的にWebページを生成し、クライアントに送信する技術。HTMLファイルの中にJavaプログラムを埋め込んでおき、クライアントの要求に応じてプログラムを実行、処理結果のみをクライアントに送信する。結果は通常のHTML形式になるため、Webブラウザに特殊な機能を組みこむことなくWebアプリケーションを構築できる。Microsoft社のIISの拡張機能ASPに似た技術だが、ASPが(ほぼ)IIS専用なのに対して、JSPは様々なWebサーバ用の実行環境が用意されており、また、特殊なスクリプト言語を覚えることなく、Java言語をそのまま使えるという利点がある。
ページのトップに戻る
MapInfo
読み方 : マップインフォ
MapInfo社の開発したデスクトップ型GIS。
位置情報をキーとする多様なソリューション開発を可能にするGISエンジンとして、国内外で幅広いシェアを誇っています。
ページのトップに戻る
.NET【Microsoft .NET】
読み方 :ドットネット 別名 : マイクロソフト .NET
Microsoft社が2000年7月に発表した、ネットワークベースのアプリケーション動作環境を提供するシステム基盤。同社の「Windows DNA」戦略をさらに進化させたもの。
インターネットを含むネットワーク上に散在したアプリケーションが自らの機能を「サービス」として公開し、各種の端末から利用するための基盤となるソフトウェアや記述言語・プロトコルなどの規約の集合を構築することを目指している。「.NET」に対応した端末はJava仮想マシンのようなソフトウェアの動作環境が搭載され、OSの種類に関係なくサービスを受けられるようになる。
動作環境となる基盤ソフトウェアは携帯電話やPDAのような小型のコンピュータ向けのものからパソコンやサーバなどの高性能のコンピュータ向けのものまでOSや機種に関わらず幅広く用意され、様々な言語で開発されたサービスを呼び出して利用することができるようになっている。また、各サービスはネットワーク上の他のサービスと連携することができ、単機能のサービスをいくつもつなげて大規模なサービスが構築できるようになる。
Windows向けの基盤ソフトウェアとしては同社から「Microsoft .NET Framework」が提供されており、この上で各種の.NET対応サービス・ソフトウェアが利用可能となっている。また、同社のポータルサイト「MSN」では.NETの先駈けとなる再利用可能なサービスの提供を始めており、サービス利用者の個人情報の管理や認証を行なう「Passport」サービスなどが利用可能となっている。
アプリケーションの記述言語は特定しておらず、既存のC++やVisual BasicVBScriptJScriptなどに加え、同社が新たに開発した「C#」言語などが利用可能となっている。.NETに対応した言語には名称の末尾に「.NET」の語が付されており、Visual Basic .NETのように従来のバージョンとは記法などが大幅に変更された言語もある。また、サードパーティによって従来のプログラミング言語を.NETに対応させた開発環境が提供されている。
ページのトップに戻る
MySQL
読み方 : マイエスキューエル
TCX DataKonsultAB社などが開発している、オープンソースのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)。
マルチユーザ、マルチスレッドで動作し、高速性と堅牢性に定評がある。オープンソースなので基本的には無償で利用することができ、国内では有償でサポートを提供する企業もある。
Windowsや各種UNIX系OSなど、多くのプラットフォームで動作するのも特長の一つ。PostgreSQLなどと並んで人気の高いシステムである。
ページのトップに戻る
ObjectARX
読み方 : オブジェクトエーアールエックス
ObjectARXは、AutoCADのメモリー内に保管されている図面データベースを直接操作するためのプログラムインターフェースです。そのため、ObjectARXを知るためには、AutoCADの図面データベースの構造を知る必要があります。
図面データベースは、オブジェクト指向型のデータベースとなっています。AutoCAD上で作図される図形やシンボルデータなどは、それぞれ1つ1つ「オブジェクト」として作成されます。
ページのトップに戻る
ORACLE
読み方 : オラクル
世界最大のデータベースソフトメーカー。また、同社の基幹製品であるリレーショナルデータベース管理システムの名称。各種UNIX用とWindows用があり、世界的に非常に高いシェアを占めている。
ページのトップに戻る
PG
読み方 : ピージー / フルスペル : Programmer (プログラマ)
C言語やJavaなどのプログラミング言語を用いてソフトウェアを制作する人。SEなどの定めた仕様にしたがって、プログラミング言語を使ってソフトウェアの設計図となるソースコードを記述する。コンパイラなどのツールを用いて実際に動作する形式(オブジェクトコード)に変換し、試しに実行して不具合を探したり、見つかった不具合を取り除くためにソースコードを修正したりする作業も行なう。
ページのトップに戻る
PostgreSQL
読み方 : ポストグレエスキューエル
オープンソースのオブジェクトリレーショナルデータベース管理システム(ORDBMS)の一つ。BSDライセンスによるフリーソフトウェアである。
カリフォルニア大学バークレー校で開発されたデータベースシステムPOSTGRESを元に、世界中のプログラマたちにより開発された。POSTGRESプロジェクトは、1986年にスタートし、1994年に開発が停止。現在データベースシステムで広く用いられている、オブジェクトリレーショナル概念の草分けであった。
1995年、Andrew Yu氏とJolly Chen氏がPOSTGRES 4.2を改良し、SQL準拠の問い合わせ言語をサポートしたPostgre95をリリースした。その後インターネット上で開発が続けられ、1996年末に、PostgreSQL 6.0としてリリースされた。
PostgreSQLは、主にPC-UNIX系のOSをターゲットとし、SQL92/SQL99など最新の機能をサポートしている。マルチバイト拡張も行われており、日本語や中国語、韓国語など、ASCII文字以外を扱う言語においても使用することができる。信頼性も高く、ApacheなどのWWWサーバと連携させて使用されることも多い。
ページのトップに戻る
SE
読み方 : エスイー / フルスペル : System(s) Engineer (システムエンジニア)
コンピュータシステムの設計やシステム開発のプロジェクト管理などをする技術者のこと。対象となる業務を分析して、どのようなシステムがふさわしいか設計したり、プログラマを束ねてソフトウェアの開発プロジェクトを指揮したり、ハードウェアやソフトウェアを組み合わせてシステム全体を構築したりする業務を担う。
ページのトップに戻る
Servlet / Javaサーブレット 【Java servlet】
読み方 : ジャバサーブレット / 別名 : servlet, サーブレット
Webサーバ上で実行されるモジュール(部品)化されたJavaプログラム。サーブレットを追加することにより、Webサーバの機能を拡張することができる。
サーブレットはJava言語で記述されているため、特定のOSやハードウェアに依存することがなく、サーブレットAPIを実装したあらゆるWebサーバで稼動させることができる。
CGIなどの他のサーバサイドプログラムと異なり、一度呼び出されるとそのままメモリに常駐するため、高速な処理が可能である。また、データを永続的に扱うことができるため、複数のユーザ間で情報を共有することもできる。
当初はSun Microsystems社のJava Web Serverの機能の一つとして提供されていたが、仕様がJava Servlet APIとして独立し、現在では様々なWebサーバ向けにサーブレットの実行環境が用意されている。
ページのトップに戻る
SOAP
読み方 : ソープ / フルスペル : Simple Object Access Protocol
XMLとHTTPなどをベースとした、他のコンピュータにあるデータやサービスを呼び出すためのプロトコル(通信規約)。Microsoft社やUserLand Software社、Developmentor社が中心となって開発された。
SOAPによる通信では、XML文書にエンベロープ(封筒)と呼ばれる付帯情報が付いたメッセージを、HTTPなどのプロトコルで交換する。サービスを利用するクライアントと、サービスを提供するサーバの双方がSOAPの生成・解釈エンジンを持つことで、異なる環境間でのオブジェクト呼び出しを可能にしている。
SOAP 1.1では、実際にデータの送受信に使う下位プロトコルは、すでに広く普及しているHTTPやSMTP、FTPなどから選択できるようになっており、企業間で利用する場合でもファイヤーウォールなどを安全に通過することができる(SOAP 1.0ではHTTPのみ)。
現在、WWW関連技術の標準化を行なうW3Cによって標準の策定が行なわれており、IBM社やLotus社など、大手ソフトウェアメーカーも自社製品での対応を表明している。
なお、SOAPメッセージの生成エンジンは「SOAPプロキシ」、解釈エンジンは「SOAPリスナ」と呼ばれることもある。
SOAPによって外部から利用可能な、部品化されたWebベースのアプリケーションソフトは「Webサービス」と呼ばれる。インターネット上で各社が提供しているWebサービスを集め、誰でも検索・照会できるようにするWebサービスを「UDDI」という。
ページのトップに戻る
SNS
読み方:ソーシャルネットワーキングサイト / フルスペル : Social Networking Site
参加者が互いに友人を紹介しあって、新たな友人関係を広げることを目的に開設されたコミュニティ型のWebサイト。誰でも自由に参加できるサービスと、「既存の参加者からの招待がないと参加できない」というシステムになっているサービスがある。
自分のプロフィールや写真を公開する機能や、新しくできた「友人」を登録するアドレス帳、友人に別の友人を紹介する機能、サイト内の友人のみ閲覧できる日記帳、友人間でのメッセージ交換に使う掲示板やカレンダーなどの機能が提供される。
有料のサービスもあるが、多くは無料のサービスとなっており、サイト内に掲載される広告や、友人に本やCDなどの商品を推薦する機能を設け、そこから上がる売上の一部を紹介料として徴収するという収益モデルになっている。
2003年頃相次いで誕生し、検索エンジン大手のGoogle社が「Orkut」というソーシャルネットワーキングサイトを開設したことで話題になった。
ページのトップに戻る
SQLServer
読み方 : エスキューエルサーバ
SQL(Structured Query Language)を使ってアクセスするリレーショナルデータベース。
Microsoftが販売するデータベースサーバーの固有名称でもある。
複数のサーバーを稼働させる「クラスタリング」の機能を搭載した、大規模システム向けの「Enterprise Edition」や、中規模あるいは小規模システム向けの「Standard Edition」、これらのサーバーソフトに対してクライアントとして用いる「Personal Edition」などが用意されている。
ページのトップに戻る
Tomcat
読み方 : トムキャット
akartaプロジェクトのサブプロジェクトとして開発されているオープンソースのソフトウェアで、Javaサーブレット・JSPを処理するアプリケーションサーバ。
Tomcatは単独でWebサーバとして動作することも可能だが、ApacheIISのプラグインと動作できるようになっており、実際にはプラグインとしての利用が主流である。
Tomcatは主なUNIX系OSやWindowsMac OS Xなどで動作する。TomcatはSun Microsystems社からJavaサーブレット・JSPのリファレンス実装として認められたソフトウェアで、利用者も非常に多い。
Apache Software Licenseというライセンスに基づいて公開されており、誰でも自由かつ無償で利用・改変・再配布できる。
ページのトップに戻る
VisualLisp
読み方 : ビジュアルリスプ
AutoLISPのプログラムを作成しやすくするために用意された環境です。プログラム作成のエディタや、デバッガ、コンパイラなどから構成されています。また、関数にもイベント処理などが追加されました。
ページのトップに戻る
WebGIS
読み方 : ウエブジーアイエス
WebGISとは、インターネット技術を活用したGISのことである。WebGISではインターネットやイントラネットを活用して利用することができ、 サーバ側で管理するデータをクライアント側に対して提供する形態となっている。クライアント側には汎用的なブラウザソフト(Microsoft社のInternetExplorerなど)があれば、 参照や検索などが簡単に行えるため、クライアント/サーバ型との大きな違いになっている。
また、WebGISではインターネットを利用して空間データを提供することができることから、不特定多数の人々に広く周知したい情報などを効果的に提供することが可能となる。 空間データは文書データなどと違い、データ容量が大きく送信についての課題があるため、ネットワークの充実や空間データを圧縮するなどの工夫が必要である。
ページのトップに戻る

プライバシーポリシー サイトマップ 情報セキュリティ基本方針書
Copyright © 2007 arsware co ltd., All Rights Reserved.